Entries

『福島原発作業員の記』(八月書館)著者池田実さん講演会のレジュメ

「福島原発作業の現場から」 
2016年6月4日に上記の題で池田実さんに講演していただきます
レジュメをお送りいただきましたので、ご覧ください。
  開始  1時半~
  会場  多摩市ベルブ永山 3F 講座室
  参加費  300円
     ※ 講演終了後  当測定室の総会を行ないます。多摩市の食品放射線量測定結果や、その検体の一部を
       新宿代々木のGe半導体測定器で測り直した結果の発表も行いますので、会員以外の方も
       ご参加いただければ幸いです。
 
1  私の3・11~郵便配達しながら

2  定年退職しハローワーク通い~東京から福島へ、まずは除染作業

3  浪江町での除染~無人の豊かな山里、何のための除染と自問

4  年齢不問でイチエフへ~除染とは似て非なるもの

5  分別作業~建屋内のゴミ回収、テレビ映像とは違う衝撃

6  1・2号機サービス建屋~手つかずのままの事務室

7  3・4号機ホットラボ~化学薬品の分別

8  集中ラド~高線量地帯で警報アラーム鳴る

9  2人の事故~ベテラン作業員は何故死んだ

10 リサイズ作業~ムダ・ムリの現実、退職を決意

11 労働条件~賃金はバラバラ、保険未加入の無法現場

12 福利厚生~現代版「タコ部屋」?

13  作業員の実像~出身地、年齢、性別、国籍など

14 被ばく線量~不安を抱えて生きる、再稼働で「増産」される「被ばく者」

15 もの言えない作業員、「復興」で拡散する被ばく労働、内部被ばくが怖い

16  チェルノブイリ30年、福島5年の実相、これから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kojukei.blog.fc2.com/tb.php/471-bb640ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

放射線量測定室・多摩

Author:放射線量測定室・多摩
FC2ブログへようこそ!

最新記事