Entries

160428 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月28日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:雨のち曇り)
最大29
最少5
平均15.6
標準偏差3.80

エアカウンター
4/28(木)の測定結果
朝 : 0.08μSv/h (雨)
夕 : 0.09μSv/h (曇り)

スポンサーサイト

160423~27 多摩市空間線量定点観測

エアカウンター
4/27(水)の測定結果
朝 : 0.08μSv/h (曇り)
夕 : 0.11μSv/h (曇り)

R-DAN
4月26日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最大29
最少4
平均15.2
標準偏差3.86

エアカウンター
4/26(火)の測定結果
朝 : 0.08μSv/h (晴れ)
夕 : 0.09μSv/h (晴れ)

R-DAN
4月25日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最大29
最少3
平均15.1
標準偏差3.90

エアカウンター
4/25(月)の測定結果
朝 : 0.11μSv/h (晴れ)
夕 : 0.09μSv/h (晴れ)

R-DAN
4月24日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:雨のち曇り)
最大29
最少5
平均15.3
標準偏差3.82

エアカウンター
4/24(日)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (雨)
夕 : 0.08μSv/h (曇り)

R-DAN
4月23日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:曇り)
最大31
最少4
平均15.2
標準偏差3.82

エアカウンター
4/23(土)の測定結果
朝 : 0.07μSv/h (曇り)
夕 : 0.09μSv/h (曇り)





多摩市の食品放射線量測定を利用してください

 多摩市が市民がもちこんだ食品の放射線量を週一度だけとはいえ測定しているのをご存じでしょうか。
 当会を中心とうする市民の働きかけにより実現した制度です。
ぜひご利用ください。
 セシウム137が検出された場合には、検体(その食品)をもちこんだ方と連絡がとれた場合、当会が
その検体を新宿代々木市民測定所にもちこんで、クロスチェックをしてもらっています。
 多摩市が使用している測定器はNaIシンチレーションタイプ、新宿代々木はゲルマニウム半導体タイプで、
後者は、微量の放射線量でも正確に測定できるのです。
 クロスチェックについてのお問合せは当測定所のメールアドレスにどうぞ。
お問合せはkojukeigenki@yahoo.co.jpへ
 とくに今新宿代々木で牛乳・豆乳を集中検査していますので、26日(火)には、牛乳・豆乳をおもちこみ
いただくと助かります。

 以下に多摩市のHPから転載します。

https://www.city.tama.lg.jp/16852/16899/20694/017992.html

市民のみなさんからの依頼による食品の放射性物質検査の予約受付について

ID番号 T17992  更新日 平成28年4月7日
市民のみなさんからの依頼による食品の放射性物質検査の予約受付(完全予約制)

【お願い】 検査は予約制です。ご希望の検査日前日までにお電話等でお申し込みをお願いします。

 市では、東日本大震災に伴う原子力発電所の事故による影響に鑑み、これまで国や都と連携を図りながら市内産農林産物、給食等食材など食品の放射性物質の検査を実施してまいりましたが、さらに、市民のみなさんの食に対する安心と放射線に関する正しい情報の提供に努めていくため、身近な食品についても検査の対象を広げて、平成25年9月より市民のみなさんからの依頼による食品の放射性物質検査を開始しました。
 なお、検査を希望する場合は、必ず事前の「予約申込み」が必要です。下記の「検査の予約申込み方法」をお読みいただき、環境政策課へお電話又はファクシミリで申込みください。
・対象者

 市内在住、在勤、在学の方
・検査の対象とする食品

 国内で生産された食品のうち、新潟県、長野県及び静岡県以東の地域(以下「対象地域」という。)で採取し、又は生産されたもの。
 なお、加工食品については、原料の全部若しくは一部が対象地域で採取し、若しくは生産されたもの又は対象地域で加工されたものとします。
 (平成27年4月1日より検査の対象とする食品の範囲を変更しました。)
・検査費用

 無 料
・検査場所

 ベルブ永山5階の準備室2
・検査項目

 放射性セシウム(Cs-134及びCs-137)
・検査日

 毎週火曜日
 ただし、毎月最後の火曜日と閉庁日又はベルブ永山の閉館日はお休みになります。

検査実施カレンダー (PDF形式 88.7KB)(新規ウィンドウで開く)

・検査時間

 一日4回の検査を予定しています。
 午前の部:1回目10時から11時まで、2回目:11時から12時まで
 午後の部:3回目14時から15時まで、4回目:15時から16時まで
・検査の予約申込み方法

完全予約制。ご希望の検査日前日までにお電話又はファクシミリで申込みください。
予約申込先:環境部環境政策課
電話番号:042-338-6831(直通)
ファクシミリ番号:042-338-6857(直通)
※予約は、1個人当たり1日1検体を限度とします。
※ファクシミリで申込みされる方は、「食品の放射性物質検査希望」と明記し、1.ご住所、2.お名前、3.日中連絡が取れる電話番号、4.検査したい食品、5.ご希望の検査日と時間についてご記入のうえ、環境政策課へ送信してください。後日改めて、環境政策課から予約日の確定と検査に関する注意事項についてご連絡いたします。
※予約申込みの期限について、検査日の前日が祝日の場合は、その直前の市役所開庁日までといたします。
・検査当日にご持参いただくもの

1.検査する食品
2.多摩市市民からの依頼による食品の放射性物質検査依頼書(あらかじめ、必要事項はご記入ください。)
3.食品の入手先等を確認できるもの(「申込み及び検査に当たっての注意事項」を必ずお読みのうえ、ご用意ください。)
4.ご本人確認できるもの(健康保険証又は運転免許証等)

※パソコン等をお持ちでなく、「多摩市市民からの依頼による食品の放射性物質検査依頼書」をダウンロードできない方については、環境政策課から「多摩市市民からの依頼による食品の放射性物質検査依頼書」を郵送又はファクシミリ等で送付いたします。

「多摩市市民からの依頼による食品の放射性物質検査依頼書」 (100.5KB)(新規ウィンドウで開く)

・申込み及び検査に当たっての注意事項

1.平成27年4月1日から検査の対象とする食品の範囲を変更しました。
 検査の対象とする食品の範囲は、国内で生産された食品のうち、新潟県、長野県及び静岡県以東の地域(以下「対象地域」という。)で採取し、又は生産されたものです。
 なお、加工食品については、原料の全部若しくは一部が対象地域で採取し、若しくは生産されたもの又は対象地域で加工されたものとします。

2.正確な検査を実施するため、検査する食品は、重量500グラム以上かつ容量500ミリリットル以上をご用意いただき、固形物については、できる限り細かくしてください。
 また、ご用意できた検査用の食品は、市販のポリエチレンの袋(きれいな透明なもの)に二重に入れて保管し、検査当日に検査会場までお持ちください。
※検査容器内に隙間が空いてしまうと正しい検査ができません。検体はできる限り細かくしていただきますようご協力をお願いします。最も良い状態はペースト状ですが、大きくても各辺1センチ以下としてください。
 なお、 ペースト状にするために、水道水等を使用することはお避けください。
 以下に、検査のための準備として、できる限り細かくする例(写真)を食品別に載せましたので参考にしてください。
(参考)できる限り細かくする例 ※食品別:お魚、お野菜、チーズ

お魚

お野菜

チーズ

3.食品の入手先等を確認できるもの(例)
 ・お店で購入した食品(流通食品)の場合 (レシート又は領収書等)                                                  
   原則、購入日、購入店名、購入店住所等がわかるものに限ります。
 ・その他、ご贈答品等の場合 (郵送伝票等)
   原則、送り元や生産地がわかるものに限ります。

※なお、「お店で購入した食品(流通食品)」については、検査の結果として基準値を超えた場合、生産地や生産者  の把握のため「品質表示ラベル」がとても大事な資料になります。検査の結果を確認されるまでは、「品質表示ラベル」は捨てずに保管していただくようお願いします。

4.その他
 ・食品以外のものや、その他一般的に検査に適さないと判断されたものについては、検査をお受けすることはできません。
 ・予約された時間より遅れて検体を持込まれた場合は、検査を行うことができません。その場合は、再度予約を取りなおしていただくことになりますので、必ず、検体は予約された時間までの持ち込みをお願いします。
・検査方法

 消費者庁から貸与された機器を活用して、食品中の放射性セシウムスクリーニング法(以下、「スクリーニング法」という。)に基づく検査を実施します。
 スクリーニング法の測定下限値は、放射性セシウムの合計値が1キログラム当たり25ベクレル未満となる測定条件で検査を実施します。
 なお、スクリーニング法で1キログラム当たり50ベクレルを超える放射性セシウムが検出された場合は、さらに確定検査を行い、基準値超過の有無を確認します。(スクリーニング法は基準値より低濃度の検体を確実に判別する方法で、検査結果の数値は参考値となります。)
 ただし、牛乳等及び乳児用食品、飲料水はスクリーニング法に準じて実施するため、1キログラム当たり50ベクレル以下の放射性セシウムが検出された場合でも確定検査を行います。
・検査機器

 NaIシンチレーション検出器 AT1320C(ATOMTEX社製)
※確定検査を行う場合は、専門の検査機関へ委託し、ゲルマニウム半導体検出器で検査を行います。
・委託検査機関

 エコ・フレンドリー
※事前に研修会を行い、検査機器に必要な知識と技術を習得された市民団体にご協力をいただいております。
・検査結果

 検査結果は、その場で検査結果記録票にてお知らせし、市の公式ホームページでも公表させていただきます。なお、検査された食品はお持ち帰り願います。
 万一、スクリーニング値を超えた場合は、後日、確定検査を行うため、持ち込まれた食品の返却ができない場合があります。あらかじめ、ご了承願います。
 また、確定検査の結果、食品衛生法上の放射性セシウムの基準値を超過した場合は、速やかに関係機関へ報告するとともに、市の公式ホームページ上で超過した値を掲載し、当該措置の状況についても速やかに公表いたします。
・禁止事項

1.検査結果を営利目的等に使用すること。
2.特定の個人、法人、政党、宗教団体等の利益に供する行為若しくはこれらに対する誹謗、中傷等の行為又はそれらの疑い若しくは誤解を招くおそれのある活動。
3.第三者に対する譲渡等。
4.ほか、市長が禁止する事項。
(参考)放射性セシウム基準値

160422 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月22日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最大30
最少4
平均15.2
標準偏差4.00

エアカウンター
4/22(金)の測定結果
朝 ; 0.09μSv/h (晴れ)
夕 : 0.10μSv/h (晴れ)

2016年問題の一環でしょうか20160422

放射線は、ありとあらゆる―脳も含む―器官や組織に悪影響を及ぼします。
以下が福島原発事故による被曝の結果でないとは言い切れないと思います。

ブレーキとアクセルの踏み間違いによる死亡事故
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160420/4675521.html

三重県民「忘れ物をする人が非常に多くなった」 http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2016/04/blog-post_971.html


【中日】若松“メガネ男子”に、4か月で視力1・5→0・5に急低下
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000115-sph-base

160421 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月21日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:曇りのち雨)
最大28
最少3
平均15.3
標準偏差3.86

エアカウンター
4/21(木)の測定結果
朝 : 0.10μSv/h (曇り)
夕 : 0.09μSv/h (小雨)

160420 多摩市空間線量定点観測

R-DANの測定結果をお知らせします。

R-DAN
4月20日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れのち曇り)
最大30
最少5
平均15.1
標準偏差3.77

エアカウンター
4/20(水)の測定結果
朝 : 0.08μSv/h (晴れ)
夕 : 0.10μSv/h (晴れ)

160419 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月19日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れのち曇り)
最大30
最少5
平均15.2
標準偏差3.95

エアカウンター
4/19(火)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (晴れ)
夕 : 0.08μSv/h (曇り)

福島での小児甲状腺がんの増加形態はチェルノブイリ時とやはり似ている

県や県率医大の発表とは異なり、福島県の子供たちの甲状腺ガンの増加の仕方はチェルノブイリ事故当時と類似性が目立つというのが本当のところのようです。



福島)甲状腺がんの県見解、ロ報告書と矛盾 尾松氏講演
http://www.asahi.com/articles/ASJ4H3JLHJ4HUGTB007.html


(一部、抜粋)

 チェルノブイリ 原発事故から30年の26日を前に、「避難の権利」を明記したチェルノブイリ 法を日本に初めて体系的に紹介したロシア研究者の尾松亮氏がこのほど、東京都 内で講演した。「ロシア政府報告書」を取り上げ、県や県立医大が県内の小児甲状腺がん の「多発」について原発事故の影響を否定する論拠にした「チェルノブイリ 後の事実」とは異なる事実が報告されている、と指摘した。


(中略)

県は有識者による検討委員会などで、罹患(りかん)統計から推定される有病数に比べ「数十倍のオーダーで多い甲状腺がん が発見されている」と認めつつ、「放射線の影響とは考えにくい」と主張。その論拠として、チェルノブイリ 事故後に甲状腺がん が多発したのは①事故から5年後②5歳以下であるのに対し、福島では①がん発見が1~4年で早い②事故当時5歳以下の発見がない③被曝(ひばく)線量がはるかに少ない――などとしてきた。


2011年発表のロシア政府報告書を詳細に検討した尾松氏は、報告書の内容が、県側の説明と「大きく食い違う」と批判。同報告書では甲状腺がん は①事故翌年から著しく増え(年平均1・7倍)、4~5年後にさらに大幅に増加②事故時5歳以下に急増するのは事故約10年後で彼らが10代半ばになって以降③被曝推計の最高値比較では大差があるが、低線量被災地でも増加――などと分析していることを明らかにした。


 そのうえで尾松氏は「現時点でデータは少ないが、チェルノブイリ 後の10代での増え方などは違いより類似が目立つ」とし、「先例となる被災国の知見をゆがめて伝えることで、教訓を生かせなくなるのではないか」との懸念を表明した。(本田雅和 )


(終わり)

以上http://ameblo.jp/suejapan/theme-10012194920.html から転載

160418 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月18日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れのち曇り一時雨)
最大32
最少3
平均15.4
標準偏差4.04

エアカウンター
4/18(月)の測定結果
朝 : 0.10μSv/h (晴れ)
夕 : 0.09μSv/h (曇り)

160417 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月17日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:曇りのち雨のち晴れ)
最大30
最少5
平均15.5
標準偏差3.94

エアカウンター
4/17(日)の測定結果
朝 : 0.10μSv/h (曇り、強風)
夕 : 0.09μSv/h (晴れ、風やや強い)

20160416 多摩市空間線量定点観測

R-DANの測定結果をお知らせします。
4月16日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最大30
最少4
平均15.3
標準偏差3.8

エアカウンター
4/16(土)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (晴れ)
夕 : 0.11μSv/h (晴れ)

160414 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月14日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)

(天気:雨のち晴れ)

最大29

最少4

平均15.7

標準偏差4.01

エアカウンター
4/14(木)の測定結果
朝 : 0.08μSv/h (雨)
夕 : 0.12μSv/h (晴れ)


160413多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月13日(6:35~23:59、1分ごと、1045点)のカウント値(単位CPM)

(前夜から朝6:35まで、データ伝送が止まっていました。)

(天気:曇り一時晴れのち雨)

最大33

最少5

平均15.4

標準偏差4.06

エアカウンター
4/13(水)の測定結果
朝 : 0.07μSv/h (曇り)
夕 : 0.08μSv/h (晴れ)

20160411~12 多摩市空間線量定点観測

ここのところ更新の回数・内容が不安定で申し訳ありません。
福島の牛の歯からストロンチウムが検出される、管理人の身近なところで
若い方が心臓発作で急逝・・など、2016年問題をひしひしと感じます(後者の
真因はわかりませんが)。
せめて土埃を吸わない(多摩市の土も危険です)、飲食に気を付ける、など
心がけたいものです。


エアカウンター
4/11(月)の測定結果。
朝 : 0.09μSv/h(曇り)

夕 : 0.08μSv/h (晴れ)

4/12(火)の測定結果
朝 : 0.10μSv/h (晴れ)

夕 : 0.10μSv/h (晴れ)

160409・10  多摩市空間線量定点観測

R-DAN

4月10日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)

(天気:晴れ)

最大33

最少5

平均15.6

標準偏差3.98



4月9日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)

(天気:晴れ)

最大28

最少4

平均15.6

標準偏差3.78



160407&08 多摩市空間線量定点観測

R-DAN(遅くなりました。2日分です。)
(7日夜から8日朝にかけて、データ転送が止まっていました。)
4月7日(0:00~20:27、1分ごと、1228点)のカウント値(単位CPM)
(天気:曇りのち雨)
最大34
最少5
平均15.7
標準偏差4.06

エアカウンター
4/7(木)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (曇り)
夕 : 0.08μSv/h (小雨)

R-DAN
4月8日(7:31~23:59、1分ごと、989点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最大39
最少5
平均15.5
標準偏差3.85

エアカウンター
4/8(金)の測定結果
朝 : 0.10μSv/h (晴れ)
夕 : 0.10μSv/h (晴れ)

160406多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月6日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最少5
平均15.4
標準偏差3.87


4/6(水)の測定結果
朝 : 0.07μSv/h (晴れ)
夕 : 0.09μSv/h (晴れ)

160405 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月5日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:雨のち曇り)
最大28
最少4
平均15.4
標準偏差3.84

エアカウンター
4/5(火)の測定結果。
朝 : 0.11μSv/h (小雨)
夕 : 0.09μSv/h (曇り)

160404 多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月4日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:雨のち曇り)
最大27
最少5
平均15.5
標準偏差3.98

エアカウンター
4/4(月)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (雨)
夕 : 0.09μSv/h (曇り)

160403 多摩市空間線量定点観測

R-DANの
4月3日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:雨のち曇り)
最大30
最少4
平均15.3
標準偏差3.94

エアカウンター
4/3(日)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (曇り)
夕 : 0.11μSv/h (曇り)

160402 多摩市空間線量定点観測

D-DAN
4月2日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:曇り)
最大33
最少4
平均15.6
標準偏差4.07


エアカウンター
4/2(土)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (曇り)
夕 : 0.09μSv/h(曇り)

160401多摩市空間線量定点観測

R-DAN
4月1日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れのち曇り)
最大30
最少5
平均15.6
標準偏差3,96


エアカウンター
4/1(金)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (晴れ)
夕 : 0.09μSv/h (曇り)



160330~31 多摩市空間線量定点観測

D-DAN
3月30日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れ)
最大29
最少3
平均15.5
標準偏差3,97

エアカウンター
3/30(水)の測定結果
朝 : 0.09μSv/h (晴れ)
夕 : 0.08μSv/h (晴れ)

R-DAN
3月31日(0:00~23:59、1分ごと、1440点)のカウント値(単位CPM)
(天気:晴れのち曇り)
最大32
最少3
平均15.4
標準偏差3,99


エアカウンター
3/31(木)の測定結果 
朝 : 0.08μSv/h (晴れ)
夕 : 0.11μSv/h (曇り)

Extra

プロフィール

放射線量測定室・多摩

Author:放射線量測定室・多摩
FC2ブログへようこそ!

最新記事