Entries

測定再開!会費・測定費用は

 機器のバージョンアップにちょっと手間取りましたが、再開しました♪

 今までカリウム40が出すガンマ線も含む値が表示されていたので、食品分析表とタウ技研さん特製のエクセルとで
カリウム40の分を引き算していたのですが、今後はその計算を器械が自動的にしてくれるようになりました。
 
 もっともカリウム40の線量は一般的にはあまり高くないようです。
 
 ただ今現在知るところでは、一度依頼があった根昆布のカリウム含有量が、調べてみたらものすごく高く、その結果カリウム40が出すガンマ線も結構高かったと推測されます。

 測定費用ですが、
 会員の方からは1検体 1000円、会員以外の方からは1検体2000円いただくことになりました。
 会費は、入会費用はなしで、年2000円です。

 その他寄付はコインでも紙幣でもいつでも歓迎です!

 
スポンサーサイト

測定再開しました

 機器のバージョンアップにちょっと手間取りましたが、再開しました♪

 今までカリウム40が出すガンマ線も含む値が表示されていたので、食品分析表とタウ技研さん特製のエクセルとで
カリウム40の分を引き算していたのですが、今後はその計算を器械が自動的にしてくれるようになりました。
 
 もっともカリウム40の線量は一般的にはあまり高くないようです。
 
 ただ今現在知るところでは、一度依頼があった根昆布のカリウム含有量が、調べてみたらものすごく高く、その結果カリウム40が出すガンマ線も結構高かったと推測されます。

当面の測定料金・設立総会のお知らせ

 肝心なことを書き忘れていました(汗)
 6月末まではお試し期間として、1検体1000円とお知らせしてきています。
 でも台所は火の車100台ぐらい分なので、カンパあるいは入会をお願いします。
 
 入会費・年会費はまたupします

 多摩市内・近隣市の方はぜひ設立総会にお出かけください。

 5月19日(土)
 10~12時
 ベルブ永山(多摩市永山公民館) 3F 講座室
  ※ 京王・小田急永山駅徒歩2分
    聖蹟桜ヶ丘・鶴川を結ぶバス停留所「永山駅」あり
    コープとうきょう若葉台店からも自転車で10分程度です。

 入会自体は設立総会にお出かけにならなくてもできます。

 検体ですが、1kg用意していただくのが原則です。
 無理なら500g。
 でも検体が少量だと放射線をキャッチしにくくなり、得られる数値が真値からやや遠くなります。
 (500gさえ用意できない場合も、割り算・掛け算をして、1kgあたり何ベクレルかという
 推測はできます。)
  
 値の取り扱いについてはご注意ください。
 値が原因で生じた損害については当会は一切責任を負いません。

 

 

測定ご依頼はこちらのメールアドレスからどうぞ

kojukeigenki@yahoo.co.jp

A 今年はうぐいすが鳴かないような気が・・・
B そう、うちの近くもこじゅけいがあまり鳴かない・・・

そういうわけで来年こじゅけいがまた元気に鳴いてくれることを祈って――

5月3~5日多摩センターのこどもまつり体験

“こどもまつり”に、種まきネットさんと一緒にテントを出し、測定室開設お披露目ビラを配布しました。
 興味を示さない方も少なくない一方、「放射線測定室ができました」という声を聞いて、わざわざビラを
受け取りにきてくれる方もいらして、よく言われる二極分化を実感しました。
 ビラを見て早速測定依頼してきてくださった方も。
 ただ7日から一週間ほど、測定器のバージョンアップのため測定を休みます。
 バージョンアップというのは、こういうことです。
 従来当測定室が使ってきたタウ技研「ひまわり」は、カリウム40が
発するγ(ガンマ)線の値も含んだ値を表示していました。そこで食品分析表を使い、
この食品が含むカリウムはこのくらいだから、そのうちカリウム40はこのくらいだろう、
だからカリウム40が出すγ線の値はこのくらいだろうと計算をして引き算をしなければ
なりませんでした。バージョンアップによりカリウム40(及びそれにごく近いエネルギーのガンマ線
を出す核種が)だすγ線線量は含まない値が表示されることになります。
 

全原発ゼロ記念日でも放射能との闘いはこれから

 多摩市も場所によっては土の線量が驚くほど高いようです。
 でも今のところ水道水がだいじょうぶなようなのがうれしい。
 危険性を知り、安全性を知るためにぜひ測定にいらしてください。
 
 測定室は当面永山6丁目のレストラン、ナチュランド・シルフレイでスタート!
 くわしくはまたupします。

Extra

プロフィール

放射線量測定室・多摩

Author:放射線量測定室・多摩
FC2ブログへようこそ!

最新記事